大好きなんだもん♪ なんということもないプチ小説6~久方振り~
仮死状態ですがようこそおいでくださいました!
ここでは創作戦国や戦国無双、無双OROCHIなどを
ニヤニヤしながら扱っておりました(過去形)
攻略サイトではありません。
最終メインは戦国無双3のプレイ日記や
戦国無双2エンパイアーズをもとに
創作した妄想の産物・逆ハー長編連載小説!
キャラ崩壊&創作戦国&    
ネタバレ問答無用ブログ。


PCとガラケーTOPページにはメインメニューあり。
スマホはページ下部にメインメニューがあります。
・・・最近の更新速度の遅さは不義 (´・ω・`;)
[789] [788] [787] [786] [785] [784] [783] [782] [781] [780] [779]




きまぐれ更新その6です。


これまでに、ちょろちょろっと書いてたネタを一挙大放出中。
連載に使えそうなチャンスが来たら使おうと思って書き溜めたネタですが、もはやタンスの肥やし状態なんで。

無理やり繋げてる感がアリアリです(笑)






-------------------------
 ●昼~久方振り~●
-------------------------



城内を並んで歩きながら、目的の場所まで向かう。

アリサ「まあ、そうなのですか?
  面白いものでございますね」

兼続「ああ、そうなのだ。
  この上方では珍しいことなのだろうが、我が越後では至って普通の光景でな」


楽しく言葉を交わしながら歩く2人。
和やかで、それなりにいい雰囲気が漂う。


まあ、それがそのまま続くはずもなく。



「てめぇ! いい度胸してんじゃねぇか!」

突然の怒鳴り声とともに、建物の角から大きな音がして何かが飛んできた。


兼続「ぶふぇ!!」

それは思いっきり兼続の顔面に直撃し、地面に落ちた。
続くように、兼続の体も地面に倒れる。

アリサ「か、兼続サマ!
  大丈夫ですか!?」

兼続「○★%ю◇Ё……」

打ち所が悪かったのか、目を回したまま言葉ではない音が口から出ている。

何が飛んできたのかとアリサが地面を見ると、それは丈夫な木でできた桶だった。

アリサ「な、なぜこのようなものが……」


飛んできた方向を見てみれば。


政宗「おかしな物を投げるな馬鹿め!
  どこに投げておる!」

義宣「けっ! わざと外してやったんだよ!
  次はてめぇのそのいけ好かないツラに当てて潰してやる!」


伊達政宗と佐竹義宣が喧嘩していた。


アリサ「ま、政宗サマと、義宣サマ!」


義宣「アァ!?」

ブチ切れモードのままアリサを見て、表情一転。

義宣「あっ、アリサ殿か!
  久方ぶりだね」

アリサ「はい、お久しゅうございます!」

深々とお辞儀。


政宗「待て待て!
  わしより先にこやつに挨拶するとは礼儀というものがないのか、女!」

義宣「ハァ!? てめぇみてぇな小者にする挨拶はねーんだよ!
  (コロッ)ねー、アリサ殿~。こいつは放っておいていいからー」

政宗「小者に小者呼ばわりされる筋合いはないわ馬鹿め!」

義宣「んだとてめぇ! 今日こそ、そのむかつく口が叩けぬようにしてやる!」

政宗「馬鹿め! 返り討ちにしてくれるわ!」


ちょっと喋ったらすぐ喧嘩。
ホントなんなの、この相性と仲の悪さ。


アリサ「お待ちくださいませ!」

抜刀する2人の間に、慌ててアリサが飛び込む。

アリサ「ここ大坂で、刃傷沙汰はなりません!
  お2人とお国元の方々にどのようなお咎めがあるか……!」


言われ、ハッと我に返る2人。


政宗「……それもそうじゃ」

義宣「梵天のせいでこっちが迷惑しちゃ堪らないしな」


相変わらず視線だけは喧嘩しているが、刀を収めた。

安堵の溜息を吐くアリサ。

アリサ「ありがとうございます。
  せっかくの年の暮れ。どうぞごゆるりとお過ごしくださいませ」

政宗「ふん、上方の年越しがどのようなものか、じっくりと見てくれるわ!」

言いながら、政宗は歩いて行ってしまった。
いつも一緒にいる小十郎たちはどうしたんだろう?


義宣「ところで、三成殿も大坂に?」

アリサ「はい、いらっしゃいますよ。
  いつものお屋敷にいらっしゃると思いますが、お忙しくしておられますのでお部屋にはいらっしゃらないかもしれません」

義宣「ハァ~☆ さすがは三成殿だなぁ~。
  あれだけの才気をお持ちなんだから、いろいろとお忙しいんだろうなぁ~。
  会いたいけど、我慢しとこうかな~」

アリサ「ですがきっと、義宣サマが会いに行かれましたら、喜ばれますよ」

義宣「えっ!? そうかなっ☆」

パァァァと明るい表情をする義宣に、アリサもニッコリ笑顔。
義宣は「え~? そうかなー☆ やっぱりー?☆ 三成殿、俺に会って喜んでくれるかなー☆」なんて続けていたが、
はた、と何かを思い出したように言葉を止めてアリサを見る。

義宣「あ、そーだ……。
  ねえ、アリサ殿?」

アリサ「はい」

義宣「えっとー、三成殿と、何か変わったこととかー、そういうのってあったりする?」

アリサ「はい?
  あの、どのようなことにございましょうか」

義宣「あ~……いや、なんでもない。
  気にしなくていい」

アリサ「はぁ、そう、ですか」

意味がよく分からないまま、話を強制終了されて、アリサの頭の上にはハテナマーク。
彼女には聞こえないくらいの小声で、「チッ、あのクサ兵衛、ホンっト役に立たねぇな……!」とか義宣は呟く。

左近、ピンチ。


義宣「それじゃ、俺、後で三成殿に会いに行くよ。
  着替えてからね。
  伝えといてくれるか? アリサ殿から直接さ」

アリサ「はい、かしこまりました」

義宣「よろしく頼む」


義宣は手を振ると、城下にある佐竹の屋敷へと戻っていった。


アリサ「こうして皆様にお会いできるのも、この時期ならではでございますね」

義宣の後ろ姿を見送り、嬉しそうに、そう独りごちる。


そこで、ふと、何かを忘れているような気がした。


えっと……、自分はここに来る前、何かをしていたはず……。


片手を頬に当て、首を傾げる。


視線を宙にさ迷わせ、記憶を辿る。


何を忘れているのか考えながら、回れ右をして元来た方向へと足を進める。


地面に落ちている物を視界にとらえ、ハッと息を吸った。


アリサ「忘れておりました!
  兼続サマ! 兼続サマ!
  お気を確かに! 兼続サマ!」


失神している兼続のことを、すっかり忘れていたらしい。





~ きまぐれに続く ~
--------------------------------------------------


もぉ、うちの子ったら、何気にひどいわ☆

そして相変わらずこのキャラ健在です、義宣くんw
義宣は、キャラが変わると背景もコロコロ変わる特殊技能持ちだよ☆

普通の時は普通だけど、
オラオラモードでは真っ黒背景とか稲妻とかバリバリで、
三成至上主義モードではキラキラまたはハートとか飛ぶよ!


うん、どーでもいいね☆ ごめんね☆(何この人)

拍手[5回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
シークレット:管理人にだけ送信する場合チェック入れて下さい
返信不要や返信方法にご希望があれば、その旨もお書き下さい。
 通常のコメントより返事が遅れることがあります。
※シークレットコメントへのレスはコチラ
お知らせetc.
●一応「お読み下さい」あるけど
読まなくてもいいですw

当ブログサイトバナー
バナーを新しくしました。
ご自由にお持ち帰り下さい。
(もちろんリンク報告不要)
【URL】http://arisa0505.blog.shinobi.jp/

三成・幸村・左近・イカ

行長・為広・吉継

幸村・三成・行長・為広・吉継

ちっさいバナー

※お好きなものをお持ち帰り下さい。
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お世話になってるサイト様たち
当ブログのリンクを貼ってくださってるサイト様です
(以下リンク別窓仕様)

当サイトはリンクフリーです。


↓めっちゃお気に入り
更新復活に舞い上がって勝手にリンクしています; お礼記事でコメントありがとうございました!
偉人ブログ


↓そう言えばリンク貼ってなかったな……と思いまして。
更新は皆無ですが一応mixiもやってました。
このブログが本城。
mixiは支城(笑)
mixiへ飛びます
↑mixi会員のみ閲覧可能。
大好きなんだもん♪のコミュまで作っていただきました。


●お疲れ様でした●
T.あんちゃんズ・アーク様
快要恋慕了様
痛い遺体 様
もっちゃり様
小紋太の「好きにします。」様
猫と豆とガイコツと 様
雪峠 様
刹那の大号令 様
最新コメント
(07/22)  ゆかりん様
(05/05)  坂田銀時様
(04/23)  ノート様
(03/11)  坂田銀時様
(02/18)  紀友。様
(11/13)  奇跡王子様
(11/13)  奇跡王子様
(10/29)  冬月様
(10/14)  紀友。様

コメント嬉しいです♪ありがとうございました☆
ブログ内検索
プロフィール
HN:
アリサ
性別:
女性
職業:
PC・ネット関係
自己紹介:
戦国とか幕末とか好きで、気がついたらこうなって、もう何年も経っていたのです。つまりは、そういうことです。
もはや更新がレアになってきました・・・どうしよう。
バーコード
携帯にも対応しています
(一部を除く)
最新トラックバック
関係ないもの、アダルト風味なものは即削除します。
お若い方も来られるので…。
ごめんなさい

(01/22)
(01/22)
(11/30)
(06/22)
(05/13)
メールフォーム
管理人にメールを送ることが
できます。
Powered by NINJA TOOLS